AZ通信

気になるニュース、人々の生態をまとめます

    マスコミ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    war_missile_character
    1: プロカバクター(栃木県) [EU] 2020/08/04(火) 13:23:48.27 ID:G5hTx1Nq0● BE:886559449-PLT(22000)
    ミサイル防衛「なぜ中国の了解がいるのか」 河野防衛相

     河野太郎防衛相は4日午前の記者会見で、ミサイル防衛に関して
    「相手領域での弾道ミサイルなどの阻止」を盛り込んだ自民党提言が
    「中国や韓国の理解を得られる状況ではないのでは」と質問され、
    「主に中国がミサイルを増強しているときに、なぜその了解がいるのか」と語気を強めた。

     韓国についても「なぜわが国の領土を防衛するのに韓国の了解が必要なのか」と述べた。

     中国は急速な勢いで弾道・巡航ミサイル開発を進めており約2千発を配備。その多くが
    日本を射程に収めるとされ、日本は抑止力の抜本的な強化を迫られている。

     自民党は中国や北朝鮮の脅威の増大を踏まえ、「専守防衛の考え方の下」で
    「ミサイル阻止能力」の保有を検討するよう求める提言をまとめた。4日午後に安倍晋三首相らに
    提出する予定だ。

    https://www.sankei.com/politics/news/200804/plt2008040012-n1.html

    【クソ記者「中韓様の了解なしにミサイル防衛したらダメでは?」 河野太郎「なんで了解が要るんだよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 20/06/08(月)19:47:30 ID:ZKX

    【アッべ、言い間違えるだけでニュースに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    a5a56171ddd630447e95c5d49a1c71e7
    (出典:朝日新聞社

    1: Felis silvestris catus ★ 2020/05/31(日) 14:22:05.06 ID:PA56dSX79
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5eedf8fe523534a5b8a85a9b26a0f5dd18e742e6

    (略)

    ■朝日新聞はなぜ誤報を繰り返したのか

     2014年8月、朝日新聞は慰安婦問題に関する「慰安婦問題を考える─読者の疑問に答えます」と題した検証記事を掲載した。「第2次大戦中の韓国・済州島で吉田清治氏(故人)が200人の若い朝鮮人の女性を日本軍の現場に強制連行することに関与したと証言した」という記事に関するものだ。吉田証言が虚偽だったことが判明したとし、当該の記事を取り消した。

     この大誤報は世間を騒がせた。検証記事の中に、謝罪がなかったことに対しても大きな批判を呼んだ。

    (略)

     なぜ、朝日新聞は誤報を繰り返すのか。「朝日の報道が目立っているだけで、新聞社による誤報なんて日常的です」。そう語るのは全国紙で地方支局のキャップを務める30代中堅記者だ。

     「警察や自治体が何かしらの広報文を出したとして、それをもとに記事にしたとします。しかしその後、発表した当局が広報文の訂正をするような事案は頻繁に起こります。新聞社は『記事の訂正は発表訂正によるもの』と、あたかも責任がないかのように装いますが、本来ならば当局の発表を鵜呑みにせず、裏どりして報じるべきです。人手不足という実情はありますが、記者クラブと当局の妙な信頼関係のもと、新聞社が裏どりせずに発表文だけで記事化してしまうことは多々あります」

    ■記者が人間である以上、誤報はなくならない

    (略)

     しかし、取り返しのつかない誤報とそうでない誤報はあるだろう。夫婦の年齢を間違えても国際問題にはならない。全国紙の政治部記者はこう話す。

     「そもそも、新聞記者って結論ありきで取材をしますし、先に“予定稿”を書いてから取材にいく場合も多い。締め切りを意識して仕事をしなくてはいけないので、ある程度は準備する必要があるからです。実際に取材したら予定稿の結論とは違っていた、ということはよくあって、その都度修正すればいいのですが、中に予定稿に沿って誘導的な質問してしまうなどして、真実とは違う結論を導き出す場合もあります」

     そしてこうも付け加える。

     「間違っても言い出しにくい、という風潮はどの新聞社にもあると思います。小さな記事訂正ならまだしも、ある程度話題になった記事を訂正するとなると、新聞社の信頼も落ちますし、担当記者やデスクの出世に響きます」

     とはいえ「記事訂正しても人事査定に響きません」とは新聞社も言いづらい。記者が人間である以上、誤報はなくならないだろう。

    【「朝日新聞の誤報」は、やめられない、止まらない なぜ、朝日新聞は誤報を繰り返すのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    0078c6daij
    (出典:毎日新聞社

    1: Toy Soldiers ★ 2020/05/31(日) 12:18:43.41 ID:ajq1o0GQ9
    ナベちゃん (@nabechan_w)さんが4:19 午前 on 日, 5月 24, 2020にツイートしました。
    内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査 - 毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20200523/k00/00m/010/178000c

    この記事に出てくる『社会調査研究センター』なる会社は、資本金300万円・従業員3名・設立が2020年4月・・・つまり先月。
    こんなポッと出の会社とCポチの毎日新聞が行う世論調査など、到底信じられない。

    https://twitter.com/nabechan_w/status/1264274751083560962?s=03


    Masatare (@Masatare1)さんが4:45 午後 on 日, 5月 24, 2020にツイートしました。
    主なスタッフ7人のうち4人が毎日の人間じゃないか。笑える。

    調査研究部長 平田崇浩
    (毎日新聞 世論調査室長)

    調査研究部次長 大隈慎吾
    (毎日新聞 世論調査室主任)

    取締役 前田浩智
    (毎日新聞 編集編成担当補佐)

    監査役 水野達哉
    (毎日新聞 取締役財務担当)
    https://twitter.com/Masatare1/status/1264462471168815105?s=03


    社告:新時代の世論調査 毎日新聞社が新会社、埼玉大と連携 - 毎日新聞
    2020年3月31日
    https://mainichi.jp/articles/20200331/ddm/041/040/092000c

    毎日新聞社は4月1日、埼玉大学と連携し株式会社「社会調査研究センター」を設立する。
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【変態毎日】内閣支持率27%と記事にした毎日新聞の世論調査、実は自社が設立した子会社で4人が毎日新聞社員だった】の続きを読む

    このページのトップヘ